根管治療

歯を抜かない虫歯治療

天然歯の歯根には「歯根膜」という組織があり、クッションのように歯にかかる負担を和らげたり、歯にかかる力を感覚として脳に伝えたりする大切な役割を果たしています。天然歯は一度抜いてしまえば二度と再生することはありません。そのため、歯根膜を長く維持するには、天然歯を「抜かない治療」が必要になるのです。

「根管治療」は神経までをも蝕んだ重度の虫歯でも、抜歯する必要のない治療法です。京都市中京区の「福地歯科医院」では、歯を抜かない治療「根管治療」を行い、みなさまの健康な口腔内環境維持をサポートします。

根管治療とは

根管治療とは、神経にまで達してしまった重度の虫歯に対して行われる方法。菌に冒された歯根内部の神経や血管を取り除き、そのなかを洗浄・消毒したうえで、隙間に薬剤を詰める治療法のことを言います。できるかぎり抜歯せずに治療を行うことで、天然歯にしか持ち得ない大切な役割を守ることができるのです。

福地歯科医院の根管治療

当院の根管治療は、歯の機能回復はもちろん、痛みや症状の再発を防ぐため、3つのこだわりをもって行っています。

こだわり1.マイクロスコープによる治療

症状の再発も考えられるため、虫歯菌に冒された神経の取り除き残しは絶対にゆるされません。当院では、そうしたリスクをなくすため、最新鋭のマイクロスコープを治療に用いています。肉眼では確認できない歯根内部まで精密に診断を行い、確実に内部の洗浄・消毒を行います。

こだわり2.できるかぎり負担を軽減

治療といえど、歯を削る行為は患者さまの身体に負担をかけます。歯質を多く残せれば、それだけ歯が長持ちするため、当院としてはできるかぎり歯を削る量は抑えるべきだと考えています。そのため、削る歯の量を最小限にできるよう、積極的に根管治療を行っています。

こだわり3.適切なメインテナンス

治療が終わったからといって万事解決というわけではありません。治療後の継続的なメインテナンスも長く歯を保つためには大切な作業です。当院では、治療後の定期的なご来院をお願いしています。その都度、咬む力や咬み合わせの状態を確認して詰め物・被せ物を調整し、口腔内環境維持をサポートします。

根管治療の流れ

1.治療箇所の歯を削る

神経を除去するために、必要最小限の歯を削ります。

2.神経・血管の除去

虫歯菌に冒された神経・血管をすべて取り除きます。

3.洗浄・消毒

神経・血管を取り除いた根幹内部を丁寧に洗浄・消毒します。

4.薬剤の充填

根管内の隅々に隙間なく薬剤を充填し、完了です。

Pick Up!福地歯科医院では専門医と連携した根管治療を行っています

根管治療は、歯根内部の細かな神経や血管を取り除くなど精密さが求められるため、施術を行う歯科医師の技術や経験は非常に重要といえます。当院では、根管治療において根管治療専門医と連携をとって診療を行っています。根管治療専門医は歯を残すことを第一に考えており、抜歯をいかに回避するかを重視。患者様の歯を健康に保つための治療法をご提案いたします。

重度の虫歯の症状にお困りの場合は、すぐに当院までお越しください。根管治療専門医が親身になってお話をうかがいます。

Fukuchi Dental Office Perio Endodontic Center

このページの先頭へ

最新情報

Read  More